クレンジングの選び方

毎日するメイクですが、きちんと落とさなければお肌への負担が強くなってしまいます。

強い洗浄力の方が、きちんと落とすことができそうなイメージがありますが、必要以上に強すぎる洗浄力もお肌にいいものではありません。


大切なのは、メイクの濃さとクレンジングの洗浄力が合っているかということです。
まず、クレンジングの形状によって洗浄力の強さが変わってきます。
強い方から順に、オイル、リキッド、クリーム、ミルクとなっています。



毎日アイメイクをばっちりしている場合は、専用のリムーバーを使うという手段もあります。
濃いメイクの場合は、オイルやリキッドできちんと落とすというのが基本になります。

ナチュラルメイクの場合は、クリームやミルクを選びましょう。

4yuuu!選びをサポートするサイトです。

日によってメイクが変わる場合は、洗浄力の強い物と弱い物の2種類があると安心です。

また、肌質によってもクレンジングの選び方は変わってきます。

脂性肌の方がオイルを使ってしまうと、余計にベタベタしてしまうことがあります。


オイルが入っていないものを選ぶようにしましょう。敏感肌の方も、ミルクで落とすようにして、洗浄力が強い物は避けましょう。


どの形状のものでも、クレンジングはゴシゴシと力を入れて擦ってはいけません。メイクとなじませるように優しく行うのがポイントです。

くすみクレンジングは人気のテーマです。

すすぎは水ではなく、ぬるま湯を使うと落ちやすくなります。熱いお湯で顔を洗ってしまうと、必要な皮脂まで流れてしまうので気を付けましょう。